GOLFIVE

ゴルファイブ GOLF V LIFE ~ゴルフ5と暮らしながら時々バイク~

タイヤ・ホイール・インチアップの検討~GOLF mk5~

      2017/11/01

私のゴルフは25Mエディションのため、ゴルフ6コンフォートラインと同じ16インチアルミ”アトランタ“が装備されています。
IMG_0822 - コピーしかしながら、16インチというのはちょっとボリューム感に欠け、とりわけノーマルホイールも熱狂的に気に入っているわけでもないので、17インチにインチアップしたいと考えています。


・今や軽自動車でも17インチ
ちょっと前までは17インチは大径ホイールの部類でした。
ところが、時が流れるにつれて

大径ホイール&超偏平タイヤ=カッコイイ・トレンド

という構図が出来て認知され始めました。

本来、レーシングカーが強力な制動力を得たいがためブレーキを大径化しそのブレーキを収めるためにホイールも大きくしていました。
↑458ですが、このカーボンブレーキは20インチを履いてやっと。
フェラーリ・ランボルギーニ・ポルシェは当然、普通のクルマでも激しいスポーティーグレードは大径ブレーキを採用していることがあり、自ずと大径ホイールとなっています。
しかし、ダイハツのL175ムーヴなんかは純正で16インチを入れたりと「?」な行動を起こし、今では軽でも17インチを履くまでに至ってます。

当然径は大きくなるのでサイドビューの派手さは増しますが、如何せんリム幅が細くタイヤ幅も165程度なため、フロント・リアビューは残念ながら相変わらずのヒョロヒョロとなるわけです。

では、通常のクルマの極端なインチアップ&偏平タイヤは何なのかと言えば「見た目以外の何物でもない」となるでしょう。


・17インチ以上の検討
見た目重視で攻めようとすると当然18インチ・19インチなども候補に上がってきますが、私のゴルフはGTIでもなければR32でもありません。
ということで、実用的かつオーバーになりすぎない17インチに留めることに。

…しかし、これなんか個人的にどストライクなんですよね…
ALPIL(アルピール)社のSK-Ⅱというホイールなのですが、超シンプルかつコンケイブデザインがたまりません!
でも、これを履くのであればガッツリ車高を落としてリムツラくらい気合入れないとダメな気が致します。

・有名メーカータイヤorアジアンタイヤ
ホイールもさることながらタイヤ選びも重要です。
私はこれまでの人生でアジアンタイヤを1度も使用したことがありませんが、ここにきてアジアンタイヤに興味が出てきました。
10年程前であればとてもじゃないけど使い物にならなったでしょうけど、時は2016年。各社のレベルはそこそこ向上してきているのではないでしょうか。
そこで、台湾のNANKANG(ナンカン)あたりに手を出してみたいと検討しています。
何年も長期間使うのではなく、すぐに買い換えること前提であれば一度試してみるのも良いのかなと思っています。

レースをするわけでもなければサーキットに行くわけでもない。
峠の走り屋でもなければストリートレーサーでもない。
ごくごく普通のドライバーとして普通に走るのであれば、特に大きな問題は発生しないでしょう。あとは気分の問題です。

何だかんだ言って、こうして「どれにしようか」と色々と考えている時が幸せな気がします。


 - Footwork(足回り)Golf, Modify(モディファイ)Golf , , , , , , ,