GOLFIVE

ゴルファイブ GOLF V LIFE ~ゴルフ5と暮らしながら時々バイク~

納車後はもう走り回る?それともやることやってから?~Volty Type1~

      2017/11/01

ボルティーが間もなく納車されそうな運びとなっています。毎日あれやこれやと色々妄想しております。
さて、手元に到着したとしてすぐに男鹿半島に向かう?はたまた鳥海山に向かう?
こんなことを考えています。それはなぜなのか…。

※購入に至った経緯はこちらで書いています。


・絶版車故の古さ
私が購入したボルティーはもう新車では手に入らないので当然中古です。1995年製のType1で、いくら程度良好と言えどそれなりに傷みはあるわけです。
よって、すぐに走り回りたい気持ちは山々なのですが「ある程度手直してからツーリングに出掛けたい」という思いの方が強いです。
もちろん、整備上がりでの納車とはいえ、到着後はちゃんと走るかどうか私なりにチェックするつもりなので、そういった意味ではすぐに走らなければならないのですが、これはあくまでチェック走行なわけです。

・手直しポイント
遠方からの購入ということで、バイク屋さんからアレやコレやと画像をバンバン送って貰いまして(面倒くさかったと思いますが、忠実に要望に応えて頂き感謝しております)手直し作戦を練っております。

▽タンクの耳錆
正式名称は分かりませんが、ようはタンクの接合部分です。離れてみれば良く分からないのですが、もう21年前のモデルということで錆が出ていましたので、ペーパー掛け→サビチェンジャー→タッチアップという流れで仕上げたいと思います。

▽エキパイの錆
定番だと思いますがエキパイが錆びています。これは電動ドリルにアレを付けて錆を落とすだけにするか、耐熱塗料を吹くか検討中です。ついでにスタッドボルトもSUS製に交換したいのですが折損する可能性が非常に高いので、φ5のコバルトハイス鋼ドリルとM6のタップをスタンバイさせておきます。

▽クランクケース/ジェネレーターカバー磨き
これも定番だと思いますが、腐食やくすみが出ているので、電動ドリル+スコッチ+ピカール攻撃で軽く磨き上げたいと思います。

▽フェンダー裏
こちらはサビッサビではないのですが、なんとなくブラックに塗っちゃいたいですね。

▽リム/スポーク磨き
こちらは綺麗な状態ですが欲張ってさらにピカピカにしたいので、ピカール&ガラスコーティング攻撃を仕掛けたいと思います。

夏はやっぱりバイク…かな!


 - Volty(バイク) , , , , ,