GOLFIVE

ゴルファイブ GOLF V LIFE ~ゴルフ5と暮らしながら時々バイク~

納車・到着・観察・試走~Volty Type1~

      2017/11/01

長いこと待ってようやくボルティーが到着しました!(実際のところ、当記事公開の一週間前には既に到着していました)
色々ごたごたがあって(郵便局の怠慢やお盆期間等)2週間程掛かりましたが…。
ちなみにこの方は関西から遥々やって来ました(だってこの辺~東北にボルティーなんぞ置いてませんから)!

今後モンキーから遠ざかりそうで心配ですが、かれこれ10年程乗ってるわけですから(関東での会社員時代を除いて)、多少ゆっくり休んで頂いても宜しいでしょう。

増車となると予め準備しておきたいものが何個かあるもので、納車前に予め用意しておいたグッズ(既に装着済みも含めて)をメモがてら載せたいと思います。


◇ミラー
IMG_3713 - コピー
とりあえずデイトナのSVでミラーがブルーのものをチョイス。ちょっと洒落た雰囲気を出したくて。クラシカルなスタイルのボルティーにマッチしてると思います。

◇シートバッグ
IMG_3707 - コピー
シートバッグなんぞ購入したことが無いので、どんなものを選べばよいのか分からなかったので適当にチョイスしてみました。

◇タコメーター
IMG_3636 - コピー
さり気ない装着感を出したくてφ48のマッドブラックをチョイス。ボルティーはレブリミットが7,500rpmらしいので、8,000rpmまで表記があれば十分です。普段そんなに回さないだろうし。

◇アルミナンバープレートホルダー
IMG_3685 - コピー
こちらもデイトナのものです。これが無いと足など引っ掛けて簡単にナンバーを曲けてしまいそうなので、フェンダーから横方向の飛び出しが著しい場合は必須かもしれません。それと振動でナンバーが割れないように。

◇リア(ドリブン)スプロケット
IMG_3692 - コピー
フロントを変えた方が余程楽なのですが、リアにアクセントを加えたかったのとデカいスプロケが嫌いなので(は?)XAMの38丁をチョイス。それとゴールドは派手派手なのでこの硬質アルマイトのブロンズタイプを。

◇ドライブチェーン
IMG_3694 - コピー
ドリブンスプロケを3丁も落とせば当然チェーンが余ります。そのため、自転車のチェーンでお馴染みのKMCをチョイスしリンク数を98にカットしました。

◇メーターバイザー(シールド・スクリーン)
IMG_3702 - コピー
これは風対策ですね。台湾のNHRCのものです。作りは非常にしっかりしており日本人でも十分満足できる品質だと思います。


・初乗りインプレッション
IMG_3946 - コピー
もちろん、購入するまでボルティーには1度も乗ったことも無いし見たこともがありません!(見たり乗ろうともしなかった)だから余計に楽しみが増えます。

まず本当に軽いです。逆に「どうすれば立ちゴケするのか?」というくらい軽量&抜群の足つき性で、こりゃホントに気軽に乗れちゃいます!「ホントにニーハンなの?」という感じも満載です。

エンジン・エキゾーストサウンドはもはや重低音が腹に響くカブです 笑
流石250㏄の単気筒だけあって、88㏄のモンキーのソレとは比較にならない迫力ある重い音がします(純正マフラーなのに近所迷惑を嫌い暖気を躊躇うくらい音量が大きめです)。

それから加速感/スピード感についてですが、私の88ccチョロットチューンモンキーに比べれば全然速い速い!
ネット上ではとにかく”遅い“の文字が躍り散らかし「80km/hが限界」なんていう一文もあるくらいで、「一体どれだけ遅いのだろうか…」と思っていました。
しかし、いざ乗ってみるとあっという間に3桁km/h出るという感じです(私のモンキー比)。流石はニーハン単気筒。低中回転域のからトルクが豊富目で御座います。
教習車で散々乗ったCB400SFに比べればそりゃあ可哀想ですが、普通の原付上がりの人が乗れば十分速いと感じるはずです。

それと、ボルティーはボア×ストロークが72mm×61.2ショートストローク目で、モンキーのように結構回っちゃうことが分かって楽しいです。でもレブリミットは7,500rpmくらい且つ6,000rpm近辺になると振動が凄いのであまり回す気にはならないですね。
その点モンキーは小排気量なのとハイカムが入っていることもあり軽く8,000rpm~とか回っちゃいますが。

ということで、しばらくボルティーライフを楽しみたいと思います!


 - Volty(バイク) , , , , , , , ,