GOLFIVE

ゴルファイブ GOLF V LIFE ~ゴルフ5と暮らしながら時々バイク~

不本意なヘッドライト&ウィンカー交換①~Volty Type1~

      2018/06/03

いきなりですが、こんなことになったのは完全に私の不注意です。
「一体何事?」という感じですが、確認をキッチリ行っていれば交換する必要がなかったことです。
そうです。今回はカスタムでヘッドライトやウインカーを交換するわけでなく、やらかしてしまったから交換します…。


・不注意①
こちらの通り、ウインカーケースを塗装していたわけですが、何度か塗り直しようやく満足のいく仕上がりまで持っていくことが出来ました。
で、早速車体に本体を取り付け手配していた↓に意気揚々と交換していたところ…
キタコ クリアウインカーレンズセット

こうなりました

何でこんなことになったのかというと、寸法は当然ながらどこからどう見ても純正レンズと全く一緒なわけです。寧ろ、色の錯覚で純正レンズの方が大きく見える位。
しかし、ほんの僅かコンマ数mmの差で若干キタコの方が大きかったのでしょう。
中々は要らないものなので「フンス!」と力で何とかしようとした結果、勢い余って手が滑って床に落下。「パリン」と割れました…。
年代物ということもあり、若干劣化もしていたのでしょうけど完全に不注意。
…付属のオレンジのバルブだけ使うことにしました。

「はぁ…何やってんだか…」と意気消沈でしたが結局、純正レンズに戻して気分転換も兼ねてちょっと走りに行くことにした。
これがまた2個目のヤラカシに繋がることに…。


・不注意②
ちょっとウインカーの話になりますが、フロントのウインカー配線はヘッドライトケースの中なので、ヘッドライトリムおよびレンズを取り外す必要があります。当然、そうしてウインカーを取り付けてまたヘッドライトを戻し…たつもりになっていたのでしょうね。
走り始めて8km位、小さな川沿いの道を走っていた時でした。前方より「カラン!」と音がしたので瞬時に「あっ!ヘッドライトだ!」と分かりました。完全にビスの締め付け忘れ。
この部分がゴッソリ落下…

前後に誰もおらず速度もそれ程出ていなかったのは幸いとして、車体から外れたヘッドライトは道路から反れて急な斜面をころころと転がりそのまま川へザブンと入水。プカプカ浮きながら遠くへ流されていきました…。
人が直ぐに入っていけるような場所ではなかったので、流れゆくヘッドライトをただ見ているしかありませんでした…。
メッキの荒れもガラスの傷も年式の割に非常に少なかったスタンレーの貴重なヘッドライト…。
もう二度と見ることはありません…。
こうなったらどうしようもありません。更に意気消沈で自宅へ戻ることに。
すれ違ったクルマの運転手の中には「アイツ盗難車乗ってるんじゃねぇか?」と思った方もいるでしょうね。本来バイク全面にあるべきものが無く、カラフルな配線剥き出しのまましかめっ面で走っているんですから。

・不注意③
ここまで2連続のヤラカシが相当効いていたのでしょう。ボルティーを仕舞おうといつものように動かしていたところ、車体左側と柱が近すぎたのでしょう。左リアウインカーを「ガリガリガリ」と 笑
あれだけ何度も時間を掛けてきてこのザマということで、もはや補修をする気も湧かず…。

暫くの間はとりあえず何だか分からない中華ヘッドライトと中華ウインカーを付けることにします。

↑10日以上前の私はこんな感じだったんですね…。
結局ヘッドライトとウインカーをどうしたのかは次に続きます。


 - Exterior(外装)Volty, Electrical (電装系)Volty, Volty(バイク) , , , , , , , ,