GOLFIVE

ゴルファイブ GOLF V LIFE ~ゴルフ5と暮らしながら時々バイク~

“秋田の”高尾山&R341レポート~Volty Type1~

      2017/11/01

こちらの続きのような感じになります。
毎度の如く目的地を特に決めずに走ろうと思っていたところ、やはり前回看板を見るだけに終わった”高尾山”が気になったため、今回は突撃してみることにしました。


・新奥の細道~高尾山
「秋田県在住なのに殆ど見れてない!」ということで、国道県道問わず常々新しい道を開拓したいと思っているわけですが、そんな中で発見したのが前回アレ。そのアレを調査すべく寄り道をしながら向かうことにしました。
長閑な風景を見ながら走っているとこんな場所を発見。

そして指定文化財&天然記念物

水沢の総墓と伊勢参りの松

クルマだったらまずここには来ないでしょうね…。
詳細はこちら

ボルティーの先祖はオフ車。だからアスファルトよりもこっちの方が似合う?

カタログ用の画でも撮ってるのか?ってな感じですね 笑

お墓から失礼して高尾山へ向け走り出すとまたこの看板が。
海と川の蛇行を眺めるみち(!)

いよいよ高尾山へ!…ん?国道!?
県道ヘキサではなく逆三角形の標識。間違いなく国道です。

R341をそのまま進み、連続するヘアピンと急勾配を抜けると若干のストレートと休憩スペースのような広い場所が出現します。
その先にまた看板が。

この看板の先には高尾神社の鳥居が。
何故か神々しいショットになりました 笑

しかしながら奥宮まで徒歩35分とは…


こんなところを走っております。

高尾山自体は標高383mということでそれ程高い山ではないのですが、このR341はセンターラインもなければ幅員が極端に狭くなったりするため、軽自動車でもすれ違いが難しい箇所があります。

「絶対にこの道を通らなければならない!」という確たる事情が無い限り、自家用車での通行は遠慮した方がよさそうです。

旧雄和町(現秋田市)と由利本荘市の市境。

この勾配の感じ分かりますかね?相当な角度です。

このショット、ボルティーが下がっていかないかハラハラもんでした。

位置変更。

撮影はいちいちバイクから降りて行っているわけですが、何せ山の中です。常にあの動物に警戒しながら撮っております。

標高383mと言えど、こうして見るとまずますの高さです。

R341は由利本荘市側へ数km行ったところで時間切れで戻りましたが、ここに繋がっているようです(中段あたり)。
帰路の途中で6,789kmに到達しました。


・山道での注意点
山に行くということはどういうことか、自分自身の行動を良く考えなければなりません。
度々ニュースでも報道されていますよね?つい先日も秋田県仙北市の山中で筍取に行った60代の女性が熊に襲われ亡くなっています。
仙北市「https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170527-00000023-ann-soci
鹿角市「https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170527-00000024-ann-soci
秋田県内「https://mainichi.jp/articles/20160614/k00/00e/040/146000c
私は山菜を取りに行くために山へ行ってるわけではありませんが、人間を食べおいしいと学習した熊は自ら人間へ向かってくる可能性もあるわけで、そんな熊がどこにいていつ出てくるのか分かりません。
「こんなところ出て来ないだろ」「熊の方が逃げていくよ」「自分は今まで一度も会ってないから」なんて思わず、警戒しすぎるくらいが丁度良いかもしれません。

 - Touring(ツーリング)Volty, Volty(バイク) , , , , , , , ,